静岡の地酒「静岡県酒造組合」 富士山、天城山地、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒を蔵元情報と共にご紹介。日本酒の良さ、日本酒文化を多くの方に伝えたい。
ホーム会長ご挨拶組織概要鑑評会受賞歴酒蔵のご紹介リンク

波瀬正吉杜氏お別れの会

しずおか酒造りの風景


しずおか酒造りの風景

インターナショナル・サケ・チャレンジ
インターナショナル・サケ・チャレンジ

第11回 静岡県地酒まつりin東京
2008年イベントレポート

第22回 静岡県地酒まつりin静岡
2009年イベントレポート

日本酒で乾杯推進会議
日本酒で乾杯推進会議

『純米酒大賞2014』の特別純米酒部門で富士錦酒造が最高金賞を受賞

6回目の開催となる『純米酒大賞2014(純米酒大賞制定委員会主催)』において、富士錦酒造株式会社の『富士錦 特別純米 ほまれふじ』が、特別純米酒部門の最高金賞を受賞しました。

今回の純米酒大賞は11月16日(日)、東京麹町の「東京グリーンパレス」を会場に、5名の審査員により全国69蔵から出品された純米酒を対象に審査されました。部門ごとの出品内訳は、純米大吟醸酒:38点、純米吟醸酒:48点、特別純米酒:25点、純米酒:35点の計146点となり、各部門の最高金賞4点、金賞32点の計36点が選出されました。審査方法は、部門ごとの利き酒による加点式9段階評価(最低1点〜最高5点、0.5点刻み)で審査を行い、各部門の合計得点が最も多い出品酒が「最高金賞」として選出されます。

今回、特別純米部門の最高金賞に輝いた『富士錦 特別純米 ほまれふじ』ですが、静岡県産酒としては初の最高金賞の受賞となります。今回の受賞について富士錦酒造の清社長は、「今回の出品は、自分たちの純米酒がどの位の評価を頂けるのかを確認したいという事で、実は初の出品でした。それが、最高金賞に選ばれたというお知らせをいただき、あまりに思いがけず、嬉しいというよりちょっと呆然としてしまいました。」「落ち着いて来ると嬉しさが湧いてきましたが、なにより静岡県が開発した酒米・誉富士の純米酒での受賞というのが、とても喜ばしい事だと思っています。嬉しさもひとしおです。」と語ってくれました。

12月15日(月)、KKRホテル東京に於いて、表彰式を兼ねた『純米酒大賞2014受賞酒を楽しむ宴』が開催されます。当日、最高金賞4点の中から今年の頂点となる『純米酒大賞2014』受賞酒の発表も行われるそうです。当日、清社長も表彰式に参加されるということですので、興味のある方は下記リンク先から申し込み方法などご確認ください。

純米酒大賞2014受賞酒を楽しむ宴』ご案内ページ
http://fullnet.co.jp/junmaisyu_taisho/party2014/index.html