静岡の地酒「静岡県酒造組合」 富士山、天城山地、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒を蔵元情報と共にご紹介。日本酒の良さ、日本酒文化を多くの方に伝えたい。
ホーム会長ご挨拶組織概要鑑評会受賞歴酒蔵のご紹介リンク

イベントレポート

しずおか酒造りの風景


しずおか酒造りの風景

インターナショナル・サケ・チャレンジ
インターナショナル・サケ・チャレンジ

第11回 静岡県地酒まつりin東京
2008年イベントレポート

第22回 静岡県地酒まつりin静岡
2009年イベントレポート

日本酒で乾杯推進会議
日本酒で乾杯推進会議

「平成23年度 食品衛生優良施設表彰」に磯自慢酒造が選ばれました。

 食品衛生の普及や向上に功績があった個人や団体を表彰する、「第56回 食品衛生功労者・食品衛生優良施設表彰式」が、2011年10月21日(金)、東京日本橋の明治座で行われ、静岡県からは、磯自慢酒造株式会社1社のみが選ばれ厚生労働大臣表彰を受けました。
 この表彰は、各地の保健所が実施した、過去3か年の平均監視点数が95点以上であること。10年以上継続使用されている施設であること。施設改善に対する熱意が認められ、従業員の健康管理も優秀であること。対象となる施設が、原則として都道府県知事若しくは指定都市市長又は(社)日本食品衛生協会会長等の賞を受けたことがあるといった、厳しい諸条件を満たした施設に授与されます。
 磯自慢酒造では10年前の藤枝食協長表彰から始まり、その後の静岡県知事表彰を経て、今回の厚生労働大臣表彰となりました。

 磯自慢酒造では、すでに10月11日から今年の造りが始まっていますが、寺岡社長に衛生管理についてお聞きしたところ、
「最初の一週間は蔵の掃除や殺菌に費やします。当蔵の内側はステンレス張りなので、ベンザルコニウム塩化物の希釈水で丸ごと消毒・洗浄しています。もちろん、仕込みのタンクも同様です。また、道具類も熱湯で殺菌しながら、継ぎ目など細かな隙間まで洗浄します。お酒は口に入るものですから衛生管理を徹底させ、安全・安心な製品を消費者にお届けします。」
と教えてくれた。また、
「今年、重油ボイラーをより環境に優しいガスボイラーへと転換しました。また、蔵内の電灯をLEDに切り替えるなど、安全・安心なお酒を造ると共に、省エネルギーやエコにも積極的に取り組んで行きたいと思っています。」
と語ってくれました。