静岡の地酒「静岡県酒造組合」 富士山、天城山地、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒を蔵元情報と共にご紹介。日本酒の良さ、日本酒文化を多くの方に伝えたい。
ホーム会長ご挨拶組織概要鑑評会受賞歴酒蔵のご紹介リンク

静岡県の酒蔵会社と蔵元の紹介

しずおか酒造りの風景


しずおか酒造りの風景

インターナショナル・サケ・チャレンジ
インターナショナル・サケ・チャレンジ

第11回 静岡県地酒まつりin東京
2008年イベントレポート

第22回 静岡県地酒まつりin静岡
2009年イベントレポート

日本酒で乾杯推進会議
日本酒で乾杯推進会議


▲昔懐かしい“親父のげんこつ”をイメージした酒。「だんだん優しくなってきちゃってね」と笑う8代目当主の佐野直次社長

富士正酒造合資会社(1)

住所/富士宮市根原450-1
銘柄酒/「千代乃峯」「富士正」
≫所在地

富士正酒造の佐野直次社長は、平成28年7月に逝去されました。 現在、新しい体制での記事を準備中です。しばらくお待ちください。

 最近は昔ながらの無骨な酒が少なくなった。そんな“げんこつ”の由来話を聞きながら、最初は昔気質の頑固な方なのかな?と思ったが、その印象はすぐに消えた。佐野社長はとても気さくでスマート、かつ柔軟な思考をされる方だ。ただ、酒造りに関しては、頑なに自分の感性とこだわりを貫かれている。創業慶応二年の蔵を守る八代目当主にして、富士山特産品振興会理事長、富士宮市フードバレー推進協議会副会長の要職も兼任され、地元富士宮市の発展に尽力されている。

蔵元の感性を込めた、こだわりの酒を造りつづける。


▲よく手入れされた植え込みが、訪れた人を気持ちよく迎えてくれる。引き戸を開けると、昔懐かしい土間のお店になっていて購入もできる。

──海外視察から帰られたばかりで、お疲れのところすみません。F1グランプリ*への、富士宮特産品振興会ブースの出店準備もありますし、お忙しいですね。

(*)2007年F1日本グランプリ:富士スピードウェイにて9月28日〜30日に開催された。

 F1は思っていた以上に準備が大変ですね。国際的なイベントですから、何から何までスケールが違います。それに、あるF1チームのお弁当も担当するので、そのメニューも考えなければなりません。お金はいくら掛かってもいいから、最高の内容でというリクエストなので、みんなで知恵をしぼっているところです(笑)。

──さすがF1グランプリ。お弁当だけを取っても豪勢ですね(笑)。販売ブースには、お酒も富士宮の特産として出されますか?

 もちろんです。世界中から人が集まりますから、いいアピールになることを期待していますよ。富士宮やお隣の芝川町の酒蔵は、皆、富士山の水でお酒を仕込んでいますからね。

次のページへ≫